repl.itについて

本講義では、開発環境としてrepl.itの使用を推奨します。 しかし、講義・演習ともrepl.itに特化した内容はありませんので、C言語のコンパイルと実行さえできれば、他の環境でも問題ありません。

repl.itはWebブラウザで使用する開発環境である。 以下はGoogle Chromeで動作確認を行った。

アカウント作成

repl.itのトップページを開き、「Sign up」をクリックし、 次のいずれかの方法でアカウントを作成する。

  1. Googleアカウント(keio.jpを含む)、GitHubアカウント、Facebookアカウントを利用してrepl.itアカウントを作成する(推奨)。
  2. ユーザ名、メールアドレス、パスワードを入力してアカウントを作成する。

なお、アカウントを作成しなくても「<> start coding」でプログラムを作成することも可能である。 しかし、アカウントを作成すると、ワークスペースの保存、共同作業などの機能が利用可能となり便利であるため、この機会にアカウントを作成しておくことを推奨する。

repl.itは無料プランでもストレージ500MB、メモリ500MBまで使用できるので、本講義の範囲であれば無料プランでまったく問題ない。

プログラム作成

  1. 右上の「+ new repl」をクリックすることで新しいワークスペース (repl) を作成する。プログラミング言語は「C」、ワークスペース名はそのままでも良いし好きな名前をつけても良い(後で変更できる)。最後に「Create Repl」をクリックする。
  2. ワークスペースの画面構成は下の図の通りである。 repl.itの画面
  3. 中央の「エディター」でプログラムを作成し、上部の「run」で実行する。実行結果は右側の「コンソール」に出力される。
  4. 左側のパネルにはワークスペース内のファイル一覧が表示されており、メニューよりファイルのダウンロードやアップロードを実行できる。

コンソール

右側のコンソールは、Linuxのシェルそのものである。プログラムを引数付きで起動するときにはコンソールで直接実行する。

また、プログラムをコンパイルする際に-gオプションをつければ、gdbによるデバッグを実行することができる。

clang-7 -g -pthread -lm -o main main.c
gdb main

のようにgdbを起動し、プロンプトから以下のようなコマンドを実行することでデバッグを行う。詳しくは各自で調べること。

コマンド 説明
set args <hogehoge> 実行する時にコマンドライン引数を <hogehoge>に設定する
run プログラムを実行する
bt backtrace. コールスタックを表示する。(呼ばれてきた関数や引数)
list 周りのソースコードを表示する
break <行/関数名> <行/関数名>まで実行したら、一時止まる
cont continue. 一時止ってから、また続ける
print <表現> <表現>を計算して、表示する(たとえば「print i」はiという変数の中身を表示する)
n next. 次の行まで実行進める
s step. 別の行が始まるまで実行進める(つまり別の関数が呼ばれたら、その関数の中に入って、また止まる)
quitまたはctrl-d gdb終了

共同作業

「share」ボタンをクリックすると以下のようなダイアログが現れ、共有アドレスをコラボレータに知らせることによってワークスペースで共同作業を行うことが可能になる。TAに質問する時この機能を利用すると良いだろう。

share

Updated: